ウーマン

恋人とやりなおすためには

占い

月の力で不安を遠ざける

大好きだった恋人と喧嘩してそのまま別れてしまったり、原因もわからずある日突然振られてしまうことがあります。そんなときはつい感情的になって何度も何度も電話したり何通もメールをしてしまいますが、別れようと言った相手から沢山連絡が来ると、ますます心は遠ざかってしまうものです。別れた恋人ともう一度やりなおすためには、1ヶ月ほど全く連絡を取らない、いわゆる冷却期間をつくるべきです。そこで冷却期間の間に復縁へ近づけるおまじないを紹介します。まずこのおまじないでは、赤いリボンと赤いロウソクを用意します。満月の次の日にロウソクを灯したら、リボンに一つ結び目を作ります。この工程を毎日繰り返し、新月の夜に一晩中月の光を当てます。次の日からは、一つずつ、毎晩結び目をほどきます。大切なのは、この作業中に強く復縁を願うことです。すべて解き終わったら満月の夜一晩、再びベランダなどにリボンを置き、月の光を吸収させます。このリボンをお守りとして持ち歩きましょう。このおまじないは、始めてから終わるまで復縁したい相手と連絡をとらずに行います。1ヶ月ほどかかりますので、この間にお互いの気持ちも整理でき冷静に復縁の話ができるようになるでしょう。おまじないは信じて行うことで生まれる力を利用するものです。おまじないを行っていくうちに不安な気持ちは薄れ、復縁へ前向きになれます。焦って相手を責めたり感情をぶつけてしまう前に、ぜひ試してみてください。